Mercari / Sustainability

循環型社会の実現に向けた
文化醸成・教育

この取り組みを通じて目指すゴール

  • 「資源の無駄をなくす」・「捨てるをなくす」が当たり前の文化を醸成する
  • 循環型社会の実現に向けて必要となる教育を普及させる

取り組み方針

メルカリグループが過去に行った調査では、メルカリなどフリマアプリの普及によって、中古品に対して、55.5%の人があまり抵抗を感じない、全く抵抗を感じないようになった、さらに、53.2%の人がものを大切に扱うようになった等*1のポジティブな意識・行動変化が起きていることが分かっています。

このように、メルカリを通じてポジティブな変化をもっと多くの人に起こすことができれば、私たちの目指す「捨てるをなくす」社会が実現できると考えています。

そのため私たちは、一人でも多くの人に、循環型社会を実現するために必要となる情報や意識を持っていただけるような取り組みを実施していきます。

また、本取り組みにおいては、これからの世界を生きていく子どもたちへの教育が欠かせないと考えています。

子どもたちに対して、限りある地球資源を活かして持続可能な社会をつくっていく必要があること、またそれはテクノロジーの力で解決できる余地があることを、メルカリ・メルペイという1つの解決手段の考え方を通じて伝えていきたいと考えています。

※1:参照:自社の「2019年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動に関する意識調査」による

取り組み施策

スマートフォンの安心・安全な利用のための学習プログラムの開発及び展開
メルカリでは青少年に当社のサービスを安心してご利用いただくため、中学生・高校生やその保護者の方を対象とした講演活動を無償で行っています。フリマアプリの仕組みやトラブルに巻き込まれないための方法や事例、基礎知識を伝える啓発活動を行っています。