Featured
2024.5.23

メルカリ、商品の価格を決めずに出品できる「価格なし出品」機能を提供開始

2024.4.17

メルカリ、空き時間おしごとサービス「メルカリ ハロ」 の全国展開を開始

2024.2.21

メルカリのお買い物でビットコイン決済ができる機能の提供開始

2024.1.2

メルカリ、能登半島地震による被災地の支援を「メルカリ寄付」機能で受付開始

2023.12.21

「Inclusion & Diversity Statement」 公開のお知らせ

  • メルカリ、商品の価格を決めずに出品できる「価格なし出品」機能を提供開始
  • メルカリ、空き時間おしごとサービス「メルカリ ハロ」 の全国展開を開始
  • メルカリのお買い物でビットコイン決済ができる機能の提供開始
  • メルカリ、能登半島地震による被災地の支援を「メルカリ寄付」機能で受付開始
  • 「Inclusion & Diversity Statement」 公開のお知らせ

「地球資源が限られているなか、より豊かな社会をつくるために何ができるか」。2013年、創業者の山田進太郎が世界一周の旅で抱いた課題意識から、フリマアプリ「メルカリ」は生まれました。私たちは、物理的なモノやお金に限らずあらゆる価値を循環させることで、誰もがやりたいことを実現し、人や社会に貢献するための選択肢を増やすことができると信じています。テクノロジーの力で世界中の人々をつなぎ、あらゆる人の可能性が発揮される世界を実現していきます。

New Group Mission

あらゆる価値を循環させ、
あらゆる人の可能性を広げる

「地球資源が限られているなか、より豊かな社会をつくるために何ができるか」。2013年、創業者の山田進太郎が世界一周の旅で抱いた課題意識から、フリマアプリ「メルカリ」は生まれました。私たちは、物理的なモノやお金に限らずあらゆる価値を循環させることで、誰もがやりたいことを実現し、人や社会に貢献するための選択肢を増やすことができると信じています。テクノロジーの力で世界中の人々をつなぎ、あらゆる人の可能性が発揮される世界を実現していきます。

詳しく見る

marcari
marpay
Services

marcari

「メルカリ」は、個人が簡単にモノの売り買いが楽しめるフリマアプリです。AIによる不正の監視や独自の入金システムにより、誰でも安心・安全な取引が行えます。

marpay

「メルペイ」は、スマホ決済サービスです。メルカリの売上金や、銀行口座からチャージしたお金を使って、メルカリアプリ内や、さまざまなお店でお買い物が楽しめます。
News

最新のお知らせ Latest News

メルカリは、サービスの仕組み、カスタマーサポート、省庁との連携、そしてAIを組み合わせて、お客さま同士が安全かつ安心に取引を行っていただける環境を提供します。

Safety

安心・安全な取引のために

メルカリは、サービスの仕組み、カスタマーサポート、省庁との連携、そしてAIを組み合わせて、お客さま同士が安全かつ安心に取引を行っていただける環境を提供します。

詳しく見る

メルカリは、事業を通じて環境や社会に貢献する「プラネット・ポジティブ」を追求することで、物理的なモノやお金に限らずあらゆる価値がなめらかに循環する社会の実現を目指します。

Sustainability

あらゆる価値を循環させ、
あらゆる人の可能性を広げる

メルカリは、事業を通じて環境や社会に貢献する「プラネット・ポジティブ」を追求することで、物理的なモノやお金に限らずあらゆる価値がなめらかに循環する社会の実現を目指します。

詳しく見る

IR/投資家情報

メルカリのIR

IR/投資家情報

大胆な挑戦により中・長期な大きな成長を目指し、更なる事業拡大とそれに伴う企業価値の向上に努めます。

詳しく見る

Company Mission

Mercari / Mercari US

新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る

「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」。これは誰もが簡単にモノの売り買いを楽しむことによって、資源を循環させる豊かな社会、そして個人がやりたいことを実現できる社会をつくっていきたいという想いから掲げたミッションです。たとえば、クローゼットの中で眠っていた洋服や、いらなくなったからと捨てていたモノが、メルカリを通じてほかの誰かの役に立つように、誰かにとって価値がなくなってしまったモノを、別の誰かの「新たな価値」に変えることができる。そんなマーケットプレイスを国境や文化、言語を超え、世界中で展開することで、人々がモノを大切に使う循環型社会の実現を目指していきたいと考えています。

また、最初から世界を目指してきたメルカリは、創業の翌年である2014年からUSへ進出し、事業を展開してきました。USは人種や国籍、宗教など人々のバックグラウンドが多様で、州ごとにも法律や文化が異なるため、サービスを成長させるには複雑な問題や課題に挑戦する必要があります。だからこそ、USは世界の縮図と言え、今後メルカリを世界に展開していくためには、必ず成功しなければならない重要な国であると考えています。当然、日本に比べて難易度は高いですが、USでの成功がメルカリのミッションの達成に大きく寄与するため、挑戦を続けます。

Merpay

信用を創造して、なめらかな社会を創る

「信用を創造して、なめらかな社会を創る」。これはメルペイが創業時から掲げているミッションです。 一人ひとりが持つ、フリマアプリ「メルカリ」やスマホ決済サービス「メルペイ」の利用を通じて得た「信用」を可視化し、その「信用」に基づいてお金を自由に使える“なめらかな社会”を創る。そうすることで、誰もが今よりも自由・平等にお金を使い、欲しいモノを手に入れるだけでなく、やりたいことが叶う社会を実現したいと考えています。 メルペイが目指すのは、単なる便利なお金ではありません。社会のあり方を、お金との付き合い方を、働き方を、夢を実現する方法を変えていくことが、メルペイの目標であり、使命だと考えています。

Mercoin

多様な価値がめぐる新しい経済をつくる

「一人ひとりにはまだ見出されていない可能性があり、あらゆるものに価値がある」私たちはそう信じています。メルコインでは、さまざまな可能性が発見・認められ、モノ・お金に限らない新たな価値が生まれ、そしてそれらが循環していくサービスを創造していきます。テクノロジーによって、さまざまな価値観の境界線を打ち破り、誰もが暗号資産・デジタル資産などあらゆる価値を簡単に交換できる世界の実現を目指します。

Kashima Antlers FC

すべては勝利のために

鹿島アントラーズ・エフ・シーは「すべては勝利のために」というミッションのもと、世界トップクラスの競技力と事業力を目指すプロフェッショナル・フットボールクラブです。競技面では国内外で出場する全大会において常に優勝を目標に掲げ、ビジネス面では経営パートナーである株式会社メルカリと周辺地域と三位一体となり、ファンと地域に新たな価値を提供することを目指しています。クラブにとって最も重要なことは、チームがタイトルを獲り続けることです。一人ひとりの立場や役割は異なりますが、仕事の定義は一つ。「すべては勝利のために」というミッションを全員で共有し、常に本質を追求しながら、進化と挑戦を続けます。

Values
Go Bold
大胆にやろう

世の中に大きなインパクトを与えるイノベーションを生み出すためには、メンバー全員が前例にとらわれず、大胆にチャレンジすることが大切です。そのためには挑戦を続け、数多くのトライアル・アンド・エラーを繰り返し、失敗から学びを得ることが重要です。常に会社や自身のビジョン、あるべき姿を見失わず、周囲をリードしながら、ミッションの達成を目指します。

All for One
全ては成功のために

大きな成功を得るためには、チームの力を合わせることはもちろん、やるべきことを見極め、決定したことに全員でコミットすることが大切です。また、メンバー全員が手段や役割に固執せず、成功するために何が必要で、何を求められているのかを考え抜き、パフォーマンスを最大限に発揮することで、ミッションの達成を目指します。

Be a Pro
プロフェッショナルであれ

一人ひとりがその道のプロフェッショナルとして高い専門性を持ち、日々の学びを怠らない姿勢は、個人のみならずチームに良い影響を及ぼします。自らを高めるためには高度なスキルとポジティブなマインドの両方を持ち、行動に移すことが重要です。自らの仕事にオーナーシップと責任を持ち、成果や実績にコミットすることでミッションの達成を目指します。

会社概要

会社概要

詳しく見る

Overview

安心の売買システム

出品者と購入者双方の取引の安全を保護しています。 また、出品者と購入者が互いに相手を評価するレビューシステムによって、取引をする前に相手方の過去の取引評価を確認することができ、安心して取引を行うことができます。さらに、お客さまからの問い合わせ対応やサービスの監視を行うため、専用のカスタマーサービス体制を整備しています。

安心の売買システム
AI

AIによる違反検知システム

「メルカリ」ではAIを活用した、利用規約違反取引の自動検知に力を入れています。商品情報や取引に関わる豊富なデータと技術を元に、精度の向上と活用範囲の拡大に取り組み、安心してご利用いただける環境づくりに努めています。
※違反検知対象の商品例:ゲームアカウント、偽ブランド、医薬品ほか

AIによる違反検知システム
Government

公的機関との連携

全国の捜査機関や公的機関と連携し、安全・安心なサービスの提供に努めています。また、「メルカリ」だけでなく業界全体の健全化を目指し、インターネット知的財産権侵害品流通防止協議会(CIPP)や、EC事業者協議会、全国万引犯罪防止機構等の業界団体に参加。積極的な意見交換や不正出品を防止するためのガイドラインの検討など、様々な取り組みを共同で推進しています。

公的機関との連携
Customer Service

カスタマーサービス体制の整備

メルカリでは、お客さまが安心してサービスを利用できるよう、社内にカスタマーサービス体制を整備し、365日24時間体制で対応を行っております。さらに、当社の利用規約に違反する商品の自動検知システム及び目視により出品や取引を常時監視し、偽造品・盗品その他の出品禁止物の排除に努めております。なお、上記システムは、商品情報や取引にかかわる豊富なデータとAI技術を元にしており、精度の向上と活用範囲の拡大に取り組み、安心してご利用いただける環境づくりに努めています。

Product Safety

メルカリの「製品安全サポート」

製造・輸入事業者等の皆さまが日頃発信されている製品安全等に関する情報を、当該商品をお持ちのメルカリのお客さま(当該商品の出品者さま・購入者さま)にピンポイントでお届けする取り組みを行っています。当該商品をお持ちの方を特定して情報をお届けすることで、回収率が上がり、事故防止につながるなど、製造・輸入事業者等の皆さまの製品安全に係る取り組みに貢献します。

IP Protection Program

独自の権利者保護プログラム

メルカリでは独自の「権利者保護プログラム」を作成しています。本プログラムにご参加いただくことで、削除申立て毎の書面提出を省ける上、削除申立てを頂いてから権利侵害品の削除対応までを速やかに進めることができます。権利者の皆さまと協力しながら、健全なメルカリのマーケットプレイスの運営に努めてまいります。

Other Initiatives
  • 本人確認強化による不正抑止

    本人確認強化による不正抑止

    2019年2月より、新規会員登録時に出品者の本人情報(住所/氏名/生年月日)の登録を必須化しています。登録された氏名と売上金の振込口座が一致しない限り売上金を引き出せないようにすることで、盗品等の不正出品を防止しています。

  • 充実した補償対応

    充実した補償対応

    届いた商品に不備や破損があった場合、返品や補償の対応を実施しています。意図しない偽造品の購入、説明にない不備や破損により使用できない状態の商品代金、「メルカリ便」利用時に配送事故があった際の配送料金などが対象です。万が一偽造品や不備のある商品を購入してしまった場合に、適切にサポートいたします。

  • フリマアプリの安心・安全な利用方法を考える教育プログラムの開発及び展開

    フリマアプリの安心・安全な利用方法を考える教育プログラムの開発及び展開

    メルカリでは、青少年や保護者・教員等を対象に、フリマアプリをはじめとするCtoCサービスの仕組みやトラブルに巻き込まれないための方法・事例を伝え、安心安全な利用方法を主体的に考えながら学んでいただける教育プログラムを提供しています。

メルカリグループのセキュリティ

メルカリグループのセキュリティ

詳しく見る

個人と社会のエンパワーメント

誰もがやりたいことを実現し、人や社会に貢献するための選択肢を増やすことで、あらゆる人の可能性が発揮される世界を実現します。

あらゆる価値が循環する社会の実現

事業を通じて環境や社会に貢献する「プラネット・ポジティブ」な企業を追求することで、物理的なモノやお金に限らずあらゆる価値がなめらかに循環する社会を実現します。

テクノロジーを活用した新しいお客さま体験の創造

データ・AIなど、革新し続けるテクノロジーも活用しながら常にプロダクトを進化させ、なめらかな価値交換による新しいお客さま体験を創造していきます。

中長期にわたる社会的な信頼の構築

社会の公器としての責任を果たし信頼を構築します。さらに世界の健全なインターネットサービス環境の実現に寄与していきます。

世界中の多様なタレントの可能性を解き放つ組織の体現

世界中の多様なバックグラウンドを持つ人材がポテンシャルを最大限に発揮して働ける環境を整え、持続的に成長できる企業としてあり続けます。

Message
山田進太郎

株式会社メルカリ
代表取締役 CEO(社長)

山田進太郎

これからのメルカリが目指すこと


2023年2月1日、メルカリは創業10年を迎えることができました。メルカリは「あんしんで頼れる」「誰でもカンタン」「使うほどワクワク」「ちょっといいことしてる気分の良さ」をお客さま体験として追求してきました。
そこから生まれたお客さま同士の強固なネットワークを基盤として、CtoCマーケットプレイス「メルカリ」をはじめ、スマホ決済サービス「メルペイ」やクレジットカード「メルカード」、BtoCマーケットプレイス「メルカリShops」など、さらなるお客さま体験を進化させ続けています。
そして創業10年を節目に、1年以上にわたって幅広い議論を重ね、新たなグループミッションを掲げることにしました。

「あらゆる価値を循環させ、あらゆる人の可能性を広げる」

これは、創業して間もない頃からメルカリが大事にしてきたミッションである「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」(What)の上位概念として、私たちが社会に対して果たすべき役割(Why)を明記したものです

メルカリの事業が社会にもたらすポジティブインパクトは定量的にも示されています。よりサステナブルな社会への移行が求められる中、メルカリが事業成長することがそのまま、循環型社会の体現であるともいえます。
私たちはこれからも、世界中のモノやコト、そして人の「まだ見出されていない価値」を引き出し、その価値を必要としている人へつなげていきます。有形・無形に限らずあらゆる価値が循環する「エコシステム」を通じて、世界中の人々の可能性を広げる (=Unleashする) 存在でありたいと考えています。

今年度は、マテリアリティを見直し、レポートの名称を「Impact Report」に変更しました。
このレポートでは、メルカリの事業を通じて社会にポジティブなインパクトを与えていくという決意を示すとともに、その取り組みをお伝えしていきたいと思います。

あらゆる人の多様な可能性を引き出すために、メルカリはいかに永続的な組織づくりを目指すのか——山田進太郎×篠田真貴子

あらゆる人の多様な可能性を引き出すために、メルカリはいかに永続的な組織づくりを目指すのか——山田進太郎×篠田真貴子

mercan

Report

2023年度版インパクトレポート「FY2023.6 Impact Report」を公開しています。