Strategy

価値創造プロセスとマテリアリティの特定アプローチ

マテリアリティ毎の機会を最大化しリスクを最小化できるような戦略的な資源配分を行うことで、持続的な企業価値向上を実現していきます。

価値創造プロセス

マテリアリティ毎の機会を最大化しリスクを最小化できるような戦略的な資源配分を行うことで、持続的な企業価値向上を実現していきます。
価値創造プロセス

マテリアリティの特定アプローチ

ESGに関わる各種のガイドライン等を参考にしながら、自社及びステークホルダーの評価を合わせてマテリアリティ(メルカリが本業を通じて解決するべき最も重要な課題)を特定しています。
マテリアリティの特定アプローチ

5つのマテリアリティ

マテリアリティとは、メルカリが長期ビジョンを実現するにあたり取り組むべき重点課題です。 メルカリでは、事業を通じて社会・環境課題の解決に貢献していく価値創造に関わるものと、持続的な成長のために必要な経営基盤に関わるものの両方の観点から、「循環型社会の実現/気候変動への対応」「ダイバーシティ&インクルージョンの体現」「地域活性化」「安心・安全・公正な取引環境の実現」「コーポレートガバナンス/コンプライアンス」の5つのマテリアリティを定義しています。 2019年に定めたマテリアリティについて、外部環境・内部環境の変化を踏まえて2021年に現在のマテリアリティにアップデートしました。
循環型社会の実現/気候変動への対応

循環型社会の実現/気候変動への対応

詳しく見る