Strategy

価値創造プロセスとマテリアリティの特定アプローチ

マテリアリティ毎の機会を最大化しリスクを最小化できるような戦略的な資源配分を行うことで、持続的な企業価値向上を実現していきます。

価値創造プロセス

マテリアリティ毎の機会を最大化しリスクを最小化できるような戦略的な資源配分を行うことで、持続的な企業価値向上を実現していきます。
価値創造プロセス

マテリアリティの特定アプローチ

ESGに関わる各種のガイドライン等を参考にしながら、自社及びステークホルダーの評価を合わせてマテリアリティ(メルカリが本業を通じて解決するべき最も重要な課題)を特定しています。
マテリアリティの特定アプローチ

5つのマテリアリティ

マテリアリティとは、メルカリが長期ビジョンを実現するにあたり取り組むべき重点課題です。 メルカリでは、事業を通じて社会・環境課題の解決に貢献していく価値創造に関わるものと、持続的な成長のために必要な経営基盤に関わるものの両方の観点から、「循環型社会の実現/気候変動への対応」「ダイバーシティ&インクルージョンの体現」「地域活性化」「安心・安全・公正な取引環境の実現」「コーポレートガバナンス/コンプライアンス」の5つのマテリアリティを定義しています。 2019年に定めたマテリアリティについて、外部環境・内部環境の変化を踏まえて2021年に現在のマテリアリティにアップデートしました。

循環型社会の実現/気候変動への対応

メルカリが与える環境負荷を最小化することはもちろん、事業を通じて人々の消費行動をよりサスティナブルなものに変えていくことで、環境課題の解決に貢献していきます。

    ダイバーシティ&インクルージョンの体現

    多様な人材がポテンシャルを最大限に発揮して働ける環境を整えます。また、より多くのお客さまにとって使いやすいサービスのアクセシビリティ実現を目指します。

      地域活性化

      株式会社メルカリは地域が抱える課題解決に取り組むことで、地域経済への貢献を通じて個人や企業が活躍できる社会を目指します。

        安心・安全・公正な取引環境の実現

        株式会社メルカリはお客さま、加盟店さま、パートナーさまに「安心感」をもってサービスをご利用いただけるよう、安全で公正な取引を目指します。

          コーポレートガバナンス/コンプライアンス

          健全で透明性の高い、意思決定プロセスを構築し、お客さまやパートナーさま、ひいては社会から強い信頼を得られる企業を目指します。

            循環型社会の実現/気候変動への対応

            循環型社会の実現/気候変動への対応

            詳しく見る