MENU
2021.12.8
プレスリリース

フリマアプリ「メルカリ」累計出品数が25億品を突破

〜オフライン施策の強化とリユース意識の高まりから、出品数が堅実に成長〜

メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」の累計出品数が2021年12月4日に25億品※1を突破いたしましたのでお知らせいたします。この数字は、2013年7月のサービス開始から約8年半で達成いたしました。
※1:サービス開始日(2013年7月2日)からの日本国内累計出品数

メルカリは、「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」ことをミッションに、誰かにとって不要になったモノが、他の誰かの役に立つマーケットプレイスを創ることで、限られた資源を循環させる豊かな社会の実現を目指してまいりました。

2013年7月のサービス開始以来、スマートフォン1つで売買できる手軽さや、売れる楽しさ、掘り出しモノを探して買う楽しさのほか、エスクロー決済システム※2を導入することで支払いのトラブルを防ぐなど、安心・安全なプロダクトの提供してまいりました。本年9月には月間利用者数が2,000万人を突破し※3、多くのお客さまにご支持いただいております。

また2021年は、非対面で発送可能な無人投函ボックス「メルカリポスト」や、「メルカリ」を“体験しながら学べる”リアル店舗「メルカリステーション」をはじめとした自社のタッチポイントを拡充し、物流サービスの企画・開発・運営に特化した株式会社メルロジを新たに設立するなど※4、オンライン・オフライン問わず顧客体験の向上に注力してまいりました。

このほか、地球のことを考える国際的な記念日「アースデー」※5や、欧州を中心に広がっている持続可能な消費を促す「グリーンフライデー」※6といった機会に合わせて、お客さまが楽しみながらサステナブルを身近に感じることのできる施策を実施し、多種多様な価値観が広がる現代社会において、モノの循環を通じた新しい価値や消費の普及に努めてまいりました。

メルカリは、今後もモノと価値を循環させる環境を構築し、お客さまが楽しく、また安心・安全にご利用いただけるマーケットプレイスとなるべく精進してまいります。

※2:当社が商品代金を仲介(エスクロー)してお預かりし、双方の取引評価完了後に売上金を移す決済システム
※3:フリマアプリ「メルカリ」、月間利用者数が 9月単月で2,000万人を突破( https://about.mercari.com/press/news/articles/20211005_20millionmau/
※4:メルカリ、新規事業子会社として株式会社メルロジを設立( https://about.mercari.com/press/news/articles/20211028_merlogi/
※5:メルカリ、4月22日のアースデーに向けて「学べる・広げる・届けるHAPPY EARTH DAY!プロジェクト」を開始( https://about.mercari.com/press/news/articles/20210419_earthday/
※6:「メルカリ グリーンフライデープロジェクト 2021」始動 身近なサステナビリティを体験できる、メルカリ初のファッション実店舗「サステなストア」を表参道に期間限定オープン( https://about.mercari.com/press/news/articles/20211005_sustaina-store2021/