Mercari / Sustainability

地域活性化

この取り組みを通じて目指すゴール

  • メルカリ・メルペイを通じた地域社会のエンパワーメントを実現する

取り組み方針

メルカリは、個人と企業をエンパワーメントすること、社会課題を解決していくことができると考えています。

例えば、メルカリはフリマアプリを通じて社会から「捨てる」をなくすだけでなく、自分でモノを売ったお金や、お得に手に入れたモノで、趣味やオシャレを思いきり楽しんだり、個々人のスキルを活かしたハンドメイドの商品を出品したり、新しいことにチャレンジできる「一人ひとりの自己実現」を支える手段にもなります。

また、個人や中小の企業の方々には、メルペイの提供する利便性の高い決済サービスや、データを活用したサービスなどを通じて、さらなるビジネスの成長機会を提供することができると考えています。

人口減少や少子高齢化など、日本が抱える課題は、地方においてより深刻なかたちで顕在化しています。地方への人口の流入を増やし、活気のある地域経済と安定した雇用を創出し、若者・子育て世代のエンパワーメントをすることは、非常に重要な課題となっています。

私たちは、地方自治体との連携などを通じて、こうした地域の課題に対して、個人や企業をエンパワーメントし、地域の方々が自ら課題を解決できる仕組みの構築を支援していきます。

取り組み施策

自治体との連携協定の締結
メルカリグループは、地域の住民や地域に関わる人々の利便性の向上および課題解決に努めるため、各自治体との連携協定を進めています。これまでに、岐阜市(岐阜県)、仙台市(宮城県)、千葉市(千葉県)、箕面市(大阪府)、神戸市(兵庫県)との間で締結が完了しています。
メルカリ・メルペイを通じた企業のエンパワーメント
各自治体との連携協定内において、地域における企業をエンパワーメントするための取り組みを検討しています。
メルカリ・メルペイを通じた個のエンパワーメント(高齢者や若者・子育て世代)
メルカリは、地域におけるメルカリの使い方を学ぶことができるワークショップを開催しています。これまでに、全国のカルチャー教室などで高齢者やメルカリを利用したことのない方に対して、メルカリの使い方を学んでいただける「メルカリ教室」を開催しています。2019年は、静岡県、神奈川県、千葉県、東京都にて開催しました。