MENU
2020.6.23
お知らせ

ものとお金の価値を学ぶ、小学生向け「メルカリ体験教育」プログラムを提供開始

株式会社メルカリは、2020年6月22日(月)より、小学生を対象とした「メルカリ体験教育」プログラムの提供を開始します。

本プログラムは、メルカリのESGマテリアリティである「循環型社会の実現に向けた文化の醸成・教育」の一環として開発された、「ものとお金の価値を学ぶことができる小学生向けの教育プログラム」です。
フリマアプリ「メルカリ」と、株式会社メルカリのホームページ上から無料ダウンロードできる「メルカリかんさつ帳」を用いながら、ものの価値をさまざまな視点から考えることで、利益の仕組み等のお金の価値を学ぶことができます。

「メルカリかんさつ帳」とは、お子さまが使わなくなったものなどを実際に「メルカリ」に出品することを想定し、その価値をどう次の方に繋いでいくかを考えながら、ひとつひとつの「もちもの」について記録をしていくワークブックです。

メルカリは、この「メルカリ体験教育」プログラムを通じて、ものを捨てない選択肢や、ものを大切に使う気持ちを育み、これからの世界を生きていく子どもが、限りある地球資源を大切に使う循環型社会について考えるきっかけを作っていきたいと考えています。

なお、プログラム内で用いるオリジナルのバインダーつき「メルカリかんさつ帳」のモニターを、2020年6月22(月)〜 7月5日(日)の期間中、フリマアプリ「メルカリ」のお客さまを対象に抽選で500名募集します。

「メルカリかんさつ帳」のモニターは、下記のページより募集しています。
https://jp-news.mercari.com/2020/06/22/kansatsucho_monitor

「メルカリかんさつ帳」と学習スライドのPDFデータは以下のページにて無料公開しています。
https://about.mercari.com/sustainability/culture-and-education/worth/

本プログラムは、今後オンライン等でワークショップの実施を予定しています。
メルカリは、今後もメルカリのESGマテリアリティである「循環型社会の実現に向けた文化の醸成・教育」の取組みを推進してまいります。

メルカリのESGのマテリアリティについて詳細は、以下のページをご覧ください。
https://about.mercari.com/sustainability/creating-a-circular-economy/