MENU
2015.5.26
プレスリリース

ECのミカタWEBにフリマアプリ「メルカリ」の記事を掲載いただきました

ECのミカタWEBにて、フリマアプリ「メルカリ」が取り上げられました。是非、掲載記事をご覧ください。

ヤマト運輸、6ヶ月連続減少の小口貨物取扱数回復の理由

ここで注目したいポイントは、フリマアプリ「メルカリ」との連携だ。連携内容をまとめると

・メルカリが運賃の一部を負担することで全国一律料金の実現
・出品者の送り状作成の手間をカット
・送料の決済がメルカリのアプリ上で完結
・「宅急便」「宅急便コンパクト」「ネコポス」対応

というものなのだが、「メルカリと連携して半年連続減少だった取扱実績が回復した」という表現ができるのではないだろうか。
1,500万ダウンロード(2015年5月現在公表値)という普及率を誇り、消費者の生活に密着したアプリとの連携は、ヤマト運輸にとって、豊富な支店数を活かすことのできる親和性抜群の展開といえる。

2015-03-31-nichiryuu