MENU
2021.12.29
プレスリリース

2021年「メルカリトレンドワード」を発表

〜「急上昇カテゴリー」「出品ワードマップ」も公開〜

株式会社メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」において集計した2021年「メルカリトレンドワード」「急上昇カテゴリー」および「出品ワードマップ」、を発表いたします。
「メルカリトレンドワード」「急上昇カテゴリー」は、今年1年間に「メルカリ」内で検索されたワード、購入されたカテゴリーのうち、前年と比較してその数が急上昇したものをランキングにいたしました。また、「出品ワードマップ」は今年1年間に「メルカリ」内で商品を出品する際に使用されたワードのうち、今年の特徴語を抽出しています。

※本調査は、現時点で取引が禁止されている商品を除外して集計しております。

メルカリトレンドワード2021

調査方法:「メルカリ」内で2021年1月1日〜12月10日までに検索されたワードの中で、2020年の同検索数との差が大きいものを抽出。

順位 トレンドワード 説明
1位 「トミー  ヒルフィガー」 アパレル
2位 「元彼の遺言状」
3位 「呪術廻戦 ウエハース」 キャラクターグッズ
4位 「鬼滅の刃クーナッツ」 キャラクターグッズ
5位 「Galaxy S21」 スマートフォン
6位 「GTX 1070」 PCパーツ
7位 「グッチ ドラえもん」 アパレル
8位 「Xiaomi Redmi Note 10 Pro」 スマートフォン
9位 「Xiaomi Redmi 9T」 スマートフォン
10位 「ハッピーセット シルバニアファミリー」 おもちゃ

2021年は、Z世代を中心に「平成レトロ」が話題となり、90年代ファッションの代表格としてビッグロゴのアイテムが有名な「トミー ヒルフィガー」が1位に。2位の「元彼の遺言状」は、第19回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞したことで話題を呼び、​​検索数が急上昇しています。そして、3位・4位には、「呪術廻戦 ウエハース」、「鬼滅の刃クーナッツ」など人気漫画の関連商品がランクイン。
また、各携帯キャリアの5Gプラン拡大を受け、「Galaxy S21」(5位)、「Xiaomi Redmi Note 10 Pro」(8位)、「Xiaomi Redmi 9T」(9位)と、スマートフォンの検索数が上昇しました。

急上昇カテゴリー2021

調査方法:「メルカリ」内で2021年1月1日〜12月10日までに購入されたカテゴリーのうち、2020年の同購入数との差が大きいものを抽出。

順位 カテゴリー 説明
1位 ラバーベルト 時計
2位 ポケモンカードゲーム トレーディングカード
3位 フィギュア キャラクターグッズ
4位 植物/観葉植物 インテリア小物
5位 ネイルパーツ ネイルケア
6位 CD(K-POP/アジア) 音楽
7位 スタジャン アパレル
8位 水着(キッズ服100cm~) ベビー・キッズ
9位 ネイルチップ/付け爪 ネイルケア
10位 虫類用品 ペット用品

2021年10月のApple Watch新シリーズ発売による買い替えニーズを受け、時計用のラバーベルトが1位にランクイン。急上昇カテゴリー全体では、昨年に引き続きステイホームで楽しめるカテゴリーの取引が急増しました。インテリアとしての「フィギュア」「植物/観葉植物」や、自分磨きや趣味の時間として「ネイルパーツ」「ネイルチップ/付け爪」などがランクインしています。

出品ワードマップ2021

「メルカリ」内で商品を出品する際に使用されたワードのうち、今年特に使用された特徴的なワードを抽出、頻度に応じた大きさでワードマップとして表現いたしました。

2021年の新刊発売や新アニメ公開などで人気を集めた「呪術廻戦」「東京卍リベンジャーズ」が出品ワードとして多く利用されました。また、「シリコンモールド」「プリザーブドフラワー」「観葉植物」など、家に彩りを加える商品の出品や若年層を中心に人気が高いカードゲームのキャラクター「リザードンVMAX」、「バドレックス」関連の出品が増加しています。さらに、SNSを中心に人気が高いベビー・トドラー用品の専門店「バースデイ」、おうち時間のストレス解消として人気の「プッシュポップバブル」など、新しい出品キーワードも見られました。