MENU
2021.10.21
プレスリリース

US版メルカリ、初のリユースレポートを発表:アメリカ人が2021年に中古品に費やす金額は推定1,601億ドル

米国家庭に眠っている不要品は全体で236億個に相当し、
循環型社会に寄与できるモノが潤沢にあることを示す

※本リリースは、10月20日午前9時(現地時間)にMercari, Inc.が発表したプレスリリースの抄訳です。

株式会社メルカリのグループ会社であるMercari, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:John Lagerling)は、本日、初めてのリユースレポートを発表いたします。US版メルカリ(以下、「メルカリ」)は、全米で数百万人の出品者と購入者がオンラインでモノの売買を行うことができるマーケットプレイスです。この包括的な調査レポートでは、衣類や家庭用品のカテゴリーに留まらず、リユースエコシステムの規模とスケールが大きなものであることが明らかになりました。ヴィンテージの収集品から家庭用品、電化製品からベビー用品まで、さまざまなカテゴリーを対象とした今回の調査は、小売調査を専門に行うGlobalData社とのパートナーシップを通じて実施されました。

メルカリ初となる今回のレポートでは、中古品市場の売上が今年1,601億ドルになると予想されています。この5年間でリセール市場は全体で53.3%成長し、メルカリのリユースレポートでは、さらに大幅な成長への期待が示されました。本レポートでは、2030年までにアメリカの消費者が中古品に3,539億ドルを投じることになると予測しています。これは、2020年対比で153.5%の成長となり、小売部門の成長予測となる36.7%の3.2倍です。

株式会社メルカリ 上級執行役員 兼 Mercari, Inc. CEOのJohn Lagerlingは以下のように述べています。「ニッチ市場とみなされることのあるリセール市場ですが、市場規模からは、消費者経済の主流であることが伺えます。この1年で、調査対象のアメリカ人の74.9%は少なくとも1つ中古品を購入したことがあると回答しています。リユースエコシステムを使用している成人の4分の3は、今では中古品の購入が食料品店に行くのと同じくらい一般的になっていると回答しています。」

メルカリの2021年リユースレポートのハイライト:

  • 今年、アメリカ人消費者が中古品に費やす金額は推定1601億ドルと予測されており、昨年の1,396億ドルから14.6%増加。
  • 2030年までに、消費者が中古品に費やす金額は3,539億ドルになる見込み。これは、2020年対比で153.5%の成長となり、小売部門の成長予測となる36.7%の3.2倍。
  • この1年で、アメリカでは成人の74.9%が少なくとも1つ中古品を購入したことがあると回答。すなわち、リユースエコノミーに参加する人数は1億9660万人と換算される。
  • 中古品購入者の74.6%が、リセール品を購入する主な理由として節約をあげている。ただし、その他にもさまざまな理由があり、例えば、新しいアイテムの発見や「掘り出し物」を見つける楽しみ、サステナビリティ、そしてコミュニティ意識が中古品への関心を喚起している。
  • 成人の62.9%、すなわち1億6,500万人は、過去1年間に中古品を少なくとも1つ以上売却している。出品者の51.8%は、副業で商品の取引を行うことで追加の現金収入を得ており、12.3%は今では中古品の販売が主な収入源になっていると回答している。
  • アメリカ家庭にある不要品の金額の合計は5800億ドルに相当すると試算される(1家庭あたり4,517ドル)。数量ベースでは、236億個(1家庭あたり184 個)に相当。

GlobalDataのマネージングディレクターであるNeil Saundersは次のように述べています。「昨年は、リセール可能なまだ使えるモノ29億個がゴミ箱に捨てられています。これは環境にとってサステナブルでなく、金銭的にも賢明だとは言えません。ところが、オンラインマーケットプレイスやリセールプラットフォームの台頭によって、消費者は不要品を使ってくれる人に売ることができ、お金を稼ぎながら環境にとっても正しいことができるのです。現在、リユースエコシステムに関わる人は増え、多くの人がその体験を楽しんでいます。」

リユースレポートの全文はこちらからダウンロードいただけます。
https://us.mercari.blog/wp-content/uploads/2021/10/2021-Mercari-Reuse-Report-.pdf

メルカリの2021年リユースレポートについて

メルカリ初となるリユースレポートは、米国のリユースエコシステムとリセール市場を対象としています。2021年10月、GlobalDataとのパートナーシップを通じて作成されました。

市場規模データはGlobalDataが作成したものです。GlobalDataによる中古品市場の評価は、消費者調査や小売のトラッキング、公表されている公式データ、データ共有、店舗観察、二次情報に基づいて特定されています。これらのインプットをアナリストが使用し、市場規模やチャンネル規模、市場シェアのモデル作成や算出が行なわれます。消費者統計は2021年6月に実施された調査に基づいています。この調査は、18〜75歳のアメリカ人2,004名を対象に、オンライン調査企業のZogby Analyticsがメルカリのために実施したものです。

将来予測に関する記述

本リリースには、将来予測に関する記述が含まれています。将来予測に関する記述には、歴史的事実ではない記述が含まれています。「計画」「推定」「予測」「意図」「見込み」「予期」「予想」、およびそれらと同様の表現は、将来予測に関する記述を意図するものです。これらの将来予測に関する記述は、数多くのリスク、不確実性、そして推測を内在しています。法律で求められる場合を除いて、メルカリでは、これらの将来予測に関するいかなる記述についても、実際の結果または修正された予測を確定するために記述を更新する義務を負いません。

US版メルカリについて

US版メルカリはもう使用されなくなったモノを、迅速、安全かつ簡単に売買することを目指したモバイルファーストのマーケットプレイスです。US版メルカリを通じて、米国の数百万人のお客さまがつながり、使用されなくなったモノの売買ができます。US版メルカリでは、ご自宅での認証からオンラインでの支払、配送の向上まで、より簡単な取引を可能にするイノベーションを継続的に生み出しています。現在、US版メルカリは全米で5,000万件超のダウンロード、日々35万件超の出品があり、次世代の買い物体験を変革するエンパワーメントを担っています。US版メルカリはApp Storeからダウンロードもしくは www.mercari.com からアクセスいただけます。