MENU
2021.2.23
プレスリリース

メルカリ、IT業界のマイノリティを対象としたソフトウェアエンジニア育成プログラム「Build@Mercari 2021」の 募集を開始

〜女性・LGBT+の方などを対象にソフトウェアエンジニアリングを学ぶインターンシップを実施〜

株式会社メルカリ(以下、メルカリ)は、2021年2月22日より、女性やLGBT+コミュニティの方などIT業界のマイノリティ(少数派)を対象とした、ソフトウェアエンジニア育成プログラム「Build@Mercari 2021」(以下、本プログラム)の参加者の募集を開始いたしましたので、お知らせいたします。

メルカリは、2018年より、個々の多様な経験や視点を尊重した世界的に競争力のあるチームづくりを目指し、ダイバーシティ&インクルージョン(多様性と受容、以下D&I※1)の推進をしてきました。

その一方で、ソフトウェアエンジニア業界におけるD&Iの推進は、いまもなおメルカリのみならず、IT業界全体で取り組むべき、大きな課題となっています。特に女性やLGBT+コミュニティの方々のなかには、「理系分野」のマイノリティであることから、教育や実務経験を積む機会が十分に得にくいという課題があります。また、日本におけるソフトウェアエンジニアの女性比率は約20%※2に留まっており、急速な改善が必要とされています。
そうしたIT業界のマイノリティの方々を対象に、エンジニアを本格的に目指す機会を提供することで、業界全体でのD&I推進に少しでも貢献すべく、メルカリは「Build@Mercari」を2020年より実施しています。

今年度は、より幅広い方にチャレンジしていただけるよう、日本国外からの応募も可能な形に内容をアップデートし、本プログラムを開催いたします。

※1:これまでのメルカリのD&Iに関する取り組みの詳細についてはこちらをご覧ください
https://careers.mercari.com/jp/diversity/

※2:一般社団法人 情報サービス産業協会 「2019年版 情報サービス産業 基本統計調査 」(令和2年3月)
https://www.jisa.or.jp/Portals/0/report/basic2019.pdf

Build@Mercari 2021 概要

プログラム概要:

「Build@Mercari 2021」はBuildトレーニングプログラムと、Buildインターンシップから構成されるソフトウェアエンジニア育成プログラムです。参加者は前半ではデータ構造とアルゴリズム等を学ぶBuildトレーニングプログラムを受講し、修了後※3選考を経た方に、Buildインターンシップに進んでいただきます。
※3:Buildトレーニングプログラムの参加には事前選考をお受けいただく必要がございます。

Buildトレーニングプログラム概要(前半):

Buildトレーニングプログラムでは、オンラインビデオコースを約3週間受講いただき、データ構造とアルゴリズムやメルカリで使用している技術領域を学び、必要な技術力を身に着けていただいた上で、Buildインターンシップの選考に臨んでいただきます。
Buildトレーニングプログラム中には、チャットツールを利用してメルカリ・メルペイの社員がサポートを行います。

Buildインターンシップ概要(後半)

Buildトレーニングプログラムを修了し、かつBuildインターンシップの選考を通過された方は、メルカリ・メルペイの開発チームで2ヶ月間、各チームが担当するアプリやウェブ機能の開発に携わっていただきます。
Buildインターンシップは有給です。

応募期間:

2021年2月22日〜2021年3月31日

開催時期:

Buildトレーニングプログラム 2021年4月後半〜2021年5月(予定)
Buildインターンシップ 2021年8月〜2021年9月(予定)
必須条件

・メルカリのミッションとバリューに共感していただける方
・STEM・IT分野におけるマイノリティである女性や、LGBT+コミュニティの方、またはマイノリティだと自覚している方
・コンピューターサイエンスに関するコースを一つ以上終了している方(独学、オンラインで学習中の方も可。必ずしもコンピューターサイエンスに在学中、学位取得済・予定である必要はありません)
・現在大学・大学院に在籍しており2022年以降に正社員として入社が可能な方、もしくは既に卒業され1〜3年程度の就業経験をお持ちの方

※詳細なスケジュールや応募概要等はこちらをご覧ください:
Build@Mercari 2021 募集要項

昨年度プログラム参加者の声

これまで、ソフトウェアエンジニアを志す人間が実務経験を得ようとするとき、現役の学生であること、CS系の学部で勉強をしていること、ある程度実務に近い経験をもっていること、等々が有利に働き、それらの属性を持たない人間にはなかなかチャンスが回ってこないのは当たり前のことでした。それらの枠にとらわれず門戸を開き、学歴や性別による違いを意識することなくみな平等に学べるBuild@Mercariは本当に先進的な取り組みであり、参加することができて本当によかったと思っています。

同じ志を持つ仲間、そして、実際にソフトウェアエンジニアとして活躍するメルカリ社員さんと共に知識を吸収し、実践に繋げられたことは、現在ソフトウェアエンジニアとして活躍するなかで自信に繋がっています。後半に続くインターンシップは、メルカリの国際的な環境で大規模なマイクロサービスの開発に関わりました。また、自分の専攻分野を活かせるような社内ハッカソンに参加するなど、自分の個性を盛大に活かしながらエンジニアとして成長をすることができました。

今後もメルカリは「Build@Mercari」など様々な取り組みを通じて、IT業界全体でのD&Iの推進を目指してまいります。