MENU
2020.12.16
プレスリリース

メルカリ・メルペイ、ホワイト急便と共同でメルペイ加盟店の店舗を活用した実証実験を開始

〜約2,000店舗で「メルペイ」を導入、併せて、メルペイコード決済利用で梱包資材プレゼントキャンペーンを期間限定開催〜

株式会社メルカリ(本社:東京都港区、代表取締役CEO:山田進太郎、以下:メルカリ)と株式会社メルペイ(本社:東京都港区、代表取締役CEO:青柳直樹、以下:メルペイ)は、株式会社日本さわやかグループ(本社:熊本県熊本市、代表取締役:中園博也、以下日本さわやかグループ)と連携し、2020年12月16日(水)より、日本さわやかグループが展開するクリーニング業界最大手のフランチャイズチェーン「ホワイト急便」一部店舗(ホワイト急便綱島本通店)において、「メルカリ」で売れた商品が発送できる無人投函ボックス「メルカリポスト」を設置し、メルペイ加盟店を中心として「メルカリ」と「メルペイ」の体験を繋げる実証実験を開始します。

さらに、スマホ決済サービス「メルペイ」のコード決済を、「ホワイト急便」全国約2,000店舗にて提供を開始いたしますので、併せてお知らせいたします。

なお、今回の「メルペイ」導入を記念し、「ホワイト急便」で「メルペイ」のコード決済を利用すると「メルカリ」の梱包資材セット(宅急便コンパクト・ネコポス)をプレゼントするキャンペーンも期間限定で開催いたします。

背景

メルカリは、2015年より独自の配送サービス「らくらくメルカリ便」をヤマト運輸と開始しました。本サービスの取り扱い件数は順調に増加し、発送拠点もファミリーマート・セブン-イレブン・オープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」と拡大しています。一方で、「メルカリ」の出品意向はあるものの、まだ出品を経験していない潜在顧客は約3,610万人にのぼり※1、その背景には「発送場所が近くにない」といった発送関連の課題がありました。また「メルカリ」内において、商品の説明欄に「クリーニング済」や「お直し済」といったキーワードを含めて出品をしている商品の件数が、2年間※2で約1.3倍に増加しており、「メルカリ」の出品者におけるリペアサービスへの需要が高いことが分かっています。

今回、日常での利用場面が多いクリーニング店で「メルカリポスト」を設置し、さらに梱包資材を配布することで、「メルカリ」利用者においては、発送作業がより手軽になるほか、クリーニング店においては店舗への来店促進を見込めます。さらに、メルペイ加盟店である「ホワイト急便」と実証実験を行うことで、「メルカリ」と「メルペイ」のシームレスな顧客体験を実現し、不要になった物をクリーニングを行ってから「メルカリ」で出品し、「ホワイト急便」店舗で発送、「メルカリ」で得た売上金を使用して「メルペイ」決済でクリーニング代を支払うというサイクルを実現することで、双方の利用促進にも繋がります。
※1:18-74歳までの男女1,260名を対象に電通マクロミルインサイトが2019年4月に実施した調査に基づく。
※2:2018年1月〜10月と2020年1月〜10月の比較

「メルカリポスト」概要

https://pj.mercari.com/mercaripost/

「メルカリポスト」は、「メルカリ」で売れた商品を「らくらくメルカリ便」※3で発送できる無人投函ボックスです。商品が売れたあと、取引画面のQRコード※4を「メルカリポスト」のQRリーダーで読み取って送り状を発行・貼り付けし、商品を投函すれば発送完了です。
※3:「ネコポス」「宅急便コンパクト」に限る(宅急便は対象外)
※4:「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

キャンペーン概要

 

概要
ホワイト急便全国2,000店舗にてクリーニング代をメルペイコード決済でお支払いいただくと「メルカリ」の梱包資材セットをプレゼントします。

キャンペーン期間
2020年12月15日(火)各店開店時間〜(各店で梱包資材セットの在庫がなくなり次第終了)

キャンペーン対象
ホワイト急便にて、クリーニング代をメルペイコード決済でお支払いいただく
※iD決済は対象外です

その他キャンペーンの詳細は以下をご覧ください。
https://jp-news.mercari.com/2020/12/15/white_kyubin_cpn/

メルカリとメルペイは、今後もより多くのお客さまに「メルカリ」を利用いただけるよう、パートナーのみなさまとサービスの開発・拡充に取り組んでまいります。