MENU
2020.12.7
プレスリリース

フリマアプリ「メルカリ」、商品の保管から梱包・発送を代行する「あとよろメルカリ便」を12月8日より開始

株式会社メルカリは、売れる前の商品の保管と、売れたあとの梱包・発送を代行する配送サービス「あとよろメルカリ便」を12月8日より開始いたします。
※iOSより開始、順次拡大予定。

背景

株式会社ニッセイ基礎研究所によると、家庭内に眠る不要品の推定価値である「かくれ資産」は1世帯あたり約70万円※1にのぼります。このように、多くの不要品が使われていない現状がある一方で、2020年は大掃除シーズンにあたる年末年始の在宅時間が伸び、片付け・掃除にかける時間が増えることで、ゴミとして処分されてしまうモノの増加が予測されます。

また、当社の調べでは、「メルカリ」への出品意向はあるものの、出品未経験のお客さまは3,610万人にのぼります※2。そのような潜在的なお客さまに対して、「メルカリ」を利用いただくきっかけを作るべく、また既に「メルカリ」を利用いただいているお客さまには、さらなるお客さま体験の向上を目指し、2020年2月より「あとよろメルカリ便」の試験運用を進めてまいりました。

その際、お客さまより「倉庫に預けられるので部屋が片付いた」「すぐに発送できず、出品を諦めていたので便利」といったお声をいただき、倉庫に商品を保管できること、そして複数商品の梱包・発送を代行する需要の高さが伺えたことから、今回本格的なサービス提供を開始する運びとなりました。
※1:みんなのかくれ資産調査委員会(2018)「〜1世帯あたり約70万円、金融・不動産に続く第三の資産〜 日本の家庭に眠る“かくれ資産”総額は推計37兆円以上」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000039156.html
※2:18-74歳までの男女1,260名を対象に電通マクロミルインサイトが2019年4月に実施した調査に基づく。

サービス概要


「あとよろメルカリ便」は、お客さまが「メルカリ」上で出品した商品を提携倉庫に発送することで、その後商品が売れるまでの商品の保管と、売れたあとの梱包・発送作業を提携業者が代行する配送サービスです。なお、本サービスは物流フルフィルメントサービスを提供する株式会社オープンロジが商品管理・保管、梱包・発送までの作業対応を行います。

利用方法


1. メルカリアプリの出品画面、「あとよろメルカリ便を利用する」より申し込みます。
2. 出品後、預ける商品を選択します。商品は最大30品まで登録可能です。
3. 預けたい商品を一箱にまとめ、集荷依頼をします。発送中は、商品が自動で公開停止になります。
4. 倉庫より、預けた商品の確認写真が届きます。登録商品と合っているか確認し、紐付け作業をすると再出品が完了します。
5. 倉庫にてお客さまの商品を最大2ヶ月保管します。商品が売れた際には、倉庫スタッフが梱包し、適切な配送方法で購入者に発送します。
※2ヶ月以内に売れなかった商品は返送されます(返却配送料:980円)

料金表


その他、詳細については「あとよろメルカリ便」紹介ページをご確認ください。
https://www.mercari.com/jp/atoyoro-mercari/

メルカリは、今後もお客さまの利便性向上を目指し、さらなる配送サービスの改善に努めてまいります。