MENU
2020.4.27
お知らせ

メルカリ、全国一斉臨時休校要請を受け、学童保育支援の提供を開始

株式会社メルカリは、新型コロナウイルス感染症対策のための一斉臨時休校を受けて、NPO法人「放課後NPOアフタースクール」と連携しながら、各地の学童保育に通う子どもたちに「メルカリ」を題材としたオンライン授業を提供開始いたします。

全国一斉の臨時休校要請、そして緊急事態宣言の発令を受け多くの小中学校が休校するなか、医療関係にお勤めの方やライフラインに関わる方など、保育を必要とする一部のご家庭のために、現在も学童保育は提供されています。学童保育の現場では、感染症予防のために子どもたち同士が接触しないような遊び方や学習の機会を提供する必要があるなど、これまでとは異なる学童の運営を余儀なくされています。そのため、子どもたちの学習機会に制限が生じ、現場のスタッフの方や子どもたちの過ごし方について不安が高まっているのが現状です。

そこでメルカリでは、感染症対策に取り組みながら、安心安全かつ子どもたちが楽しく学習できるプログラムを提供できないかと考え、放課後NPOアフタースクールとともに「メルカリ先生からの挑戦状」と題したクイズ形式のオンライン授業を開発しました。

本授業は、メルカリのESGマテリアリティである「循環型社会の実現に向けた文化の醸成・教育」という取り組みのなかで開発したものを、オンラインかつ約20分という短時間で学習できるように設計し直したものです。具体的には、一見「不要なもの」に見えるが、実際にメルカリで売買されたものを例に、どんな人に買われたのかを3択のクイズで答えていきながら、「ものとお金の大切さ」を学習できるようになっています。

メルカリは、ほかにも外出制限や学校の休校などで次世代を担う子どもたちの学習機会に制限が生じている現状に対して、循環型社会の文化醸成を目指した教育支援を検討し、教育関係者とも協力の上で実施してまいります。

■特定非営利活動法人「放課後NPOアフタースクール」について
「放課後NPOアフタースクール」は、日本の放課後を安全で豊かなものにするために、小学校施設を活用し、地域社会と共に子どもを育てる「アフタースクールモデル」を日本の社会インフラにすることを目指し、日々活動をするNPO法人です。
※NPO団体の詳細については以下のURLを参照ください。
https://npoafterschool.org/