Print

メルカリ、丸井と業務提携を締結

メルカリ初となる旗艦店「メルカリステーション」出店とデータ連携により、リアルとネットの顧客体験の拡張を目指す

株式会社メルカリ(本社:東京都港区、代表取締役CEO:山田進太郎、以下メルカリ)と株式会社丸井(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青木正久、以下丸井)は、マルイ店舗およびECサイト「マルイウェブチャネル」と、メルカリグループの各種ソリューションを連携し、両社の事業拡大を目指すとともに、両社のお客さまの更なる利便性とサービス向上などを目的とした業務提携を本日締結したことをお知らせいたします。

業務提携の概要

(1)メルカリとマルイ店舗の連携
メルカリ初となる旗艦店「メルカリステーション」を新宿マルイ本館に今春出店します。「メルカリステーション」は、「メルカリ」の使い方が学べる「メルカリ教室」や、出品したい商品が撮影できる撮影ブース、売れた商品がその場で発送出来る無人投函ボックス端末などを展示した、「メルカリ」を”体験しながら学べる”リアル店舗です。

(2)「メルペイ」決済の導入
2020年4月より新宿マルイ本館はじめ数店舗で「メルペイ」決済の導入を予定しています。今後は、マルイ全店および「マルイウェブチャネル」への「メルペイ」決済導入や、「メルペイ」決済に連動したクーポン施策などを目指します。

(3)データ連携による顧客体験の拡張
両者の顧客体験を向上させるため「マルイウェブチャネル」と、「メルカリ」のデータを連携したソリューションの検討に取組みます。例えば、お客さまが「メルカリ」アプリ内で商品検索をした際に「マルイウェブチャネル」の商品を表示して商品選択肢を増やしたり「マルイウェブチャネル」で購入した商品を「メルカリ」の持ち物リストと連携して出品しやすくしたりする等、お客さまの利便性向上を目的とした様々な施策を検討してまいります。

上記のほか、今後マルイ店舗におけるジャケット、コート等の梱包・出品サポートの受付や、マルイ全店への「メルカリステーション」の拡大、データ連携によるマルイ店舗および「マルイウェブチャネル」におけるマーケティングや、ESGに関するイベントの実施なども検討を進めてまいります。

本提携により、メルカリと丸井は、マルイ店舗への「メルカリステーション」の出店、「メルペイ」決済の導入、データ連携による顧客体験の拡張など、一次流通と二次流通の連携を目指します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Related News

Latest News