Print

フリマアプリ「メルカリ」、 ナンバープレートを読み込むだけで相場価格がわかる 「かんたんクルマ相場チェッカー」機能を導入

〜相場チェック後はかんたん出品も可能に〜

株式会社メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」(以下、メルカリ)において、ナンバープレートを読み取るだけで簡単に売れやすい価格が分かる「かんたんクルマ相場チェッカー」機能を、自動車本体カテゴリーの商品を対象に導入いたします。
※iOSより先行導入し、Androidに関しては順次導入予定。

■背景
メルカリは、2013年7月のサービス開始以来、”新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る” をミッションに、個人が簡単かつあんしん・あんぜんに中古品の売買が出来るマーケットプレイスを提供し、現在月間利用者数は約1,300万人、累計出品数は11億品を超えています。2016年5月より自動車車体の取扱も開始してご愛用いただいております。

一方、中古車本体を Webサイトなどで売却したことがある人を対象に、インターネット調査(※)にて「中古車を売却する際の情報収集において不満を感じる要素について」聞いたところ、約32%人が「売れる値段の相場を知りたい」 と回答し、売却前に適切な相場が知りたいという潜在層が多いことがわかりました。

このような背景から、今回新たに「かんたんクルマ相場チェッカー」機能を開始することにしました。また、相場を知り、売れやすい価格が分かるだけでなく、メーカー名や車種・車検証の期限などの商品情報が自動入力されるので、手間なくかんたんに出品することができます。

※ 調査期間:2018年9月12日〜2018年9月16日
  調査対象:中古車本体をWebサイトにて売却したことがある152人

■「かんたんクルマ相場チェッカー」の概要
ナンバープレートの写真を撮影、もしくは車検証のQRコードを読み込むと車両の相場価格を知ることができます。さらに、メーカー名や車種・車検証の期限などの商品情報が自動入力されるので、手間なくかんたんに出品することができます。

■「かんたんクルマ相場チェッカー」の使いかた (ナンバープレート相場チェックの場合)
1. 「自動車・オートバイ」タブ内のバナーから特設ページへ
2. 特設ページ内から「ナンバープレートで相場チェックする」を選択
3. ナンバープレートの写真を撮影
※ナンバープレートでの相場チェックは「普通自動車」のみの対応となります
※ナンバープレートでの相場チェックは9:30~20:30の時間内での対応となります
※本機能は予告なく終了させていただくことがあります

メルカリでは今後も、より多くのお客さまに幅広い商品カテゴリーで手間なく簡単に「メルカリ」をご利用いただけるようテクノロジーを活用したサービス開発に邁進してまいります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Related News

Latest News