Print

「はこぽす」から「メルカリ」商品発送の実証実験開始

 株式会社メルカリ(東京都港区、代表取締役会長兼CEO 山田進太郎/以下、メルカリ)及び日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 横山邦男/以下、日本郵便)は連携して、2019年7月10日(水)から、フリマアプリ「メルカリ」で売れた商品(※1)を郵便局や駅などに設置されたロッカー「はこぽす」(※2)から発送する実証実験を首都圏4か所(八千代郵便局、JR東日本 新松戸駅、南与野駅及びローソン ゲートシティ大崎アトリウム店)で開始します。

■背景
 日本郵便とメルカリは、2017年6月からフリマアプリ「メルカリ」の配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」※3の提供を開始しました。
「ゆうゆうメルカリ便」は、お客さまが発送時に二次元コードを使用することにより、伝票を記入する必要がなくなり、発送にかかる手間を大幅に解消できることに加え、出品者・購入者の双方が住所・氏名などを開示せずに取引ができる匿名配送や、全国約20,100カ所の郵便局および約13,500店舗のローソンからの発送にも対応するなど、安全で利便性の高い配送サービスとして、大変好評をいただいています。
 一方、お客さまの発送の利便性向上に加え、人手不足が深刻化している中、お客さま対応に要するオペレーション負荷を軽減するため、無人で荷物を差し出すことができる仕組みが求められています。
 このような背景から、今回新たに首都圏4カ所の「はこぽす」から「メルカリ」を発送できる実証実験を開始します。
 
■本実証実験の開始日
2019年7月10日(水)

■本実証実験の対象となる「はこぽす」の設置場所および営業時間
・八千代郵便局(千葉県):24時間
・JR東日本 新松戸駅(千葉県):24時間
・JR東日本 南与野駅(埼玉県):初電~終電
・ローソン ゲートシティ大崎アトリウム店(東京都):7:00~22:00

■「メルカリ」出品者による「はこぽす」からの発送方法
①出品する際の配送方法に「ゆうゆうメルカリ便」を指定し、「ゆうパケット」または「ゆうパック」を選択します。
②取引成立後、発送可能な「はこぽす」に、発送する荷物を持ち込みます。
③「はこぽす」本体の画面で「荷物の発送」を選択し、「郵便局用二次元コード」をリーダーにかざすと、伝票が出力されます。
④出力された伝票を荷物に貼り、画面の案内に沿って荷物を入れます。
  詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.post.japanpost.jp/service/hakopost/

■今後について
 今後、本実証実験の結果を踏まえ、展開地域の拡大を検討してまいります。

※1:出品する際の配送方法に「ゆうゆうメルカリ便」を指定した商品のみが対象になります。
※2:「はこぽす」は全国約653カ所に設置されており、「メルカリ」を含むインターネット通販サイト・フリマアプリ等で購入した商品の受取場所等として利用できます。

※3:「ゆうゆうメルカリ便」は、メルカリと日本郵便のシステム連携により、「メルカリ」で取引した商品を配送するサービスです。
詳しくはこちらをご覧ください。https://www.mercari.com/jp/yuyu-mercari/

このエントリーをはてなブックマークに追加

Related News

Latest News