Print

フリマアプリ「メルカリ」、2018年の利用動向を発表

メルカリは、昨年1年間(2018年1月1日〜12月31日)に「メルカリ」にて売却経験のあるお客さまのうち約250万人を対象に、売上に関する利用動向を年代、性別ごとに調査いたしました。

■1人あたりの平均月間売上額は約1.7万円、1ヶ月の水道光熱費に相当
お客さま1人あたりの平均月間売上額は17,348円であることがわかりました。これはおおよそ1世帯あたりの1ヶ月の水道・光熱費(18,225円)に相当します。(※1)また、年代・性別ごとにみると60代以上の男性が31,960円と最も高く、次いで60代以上の女性が29,788円、40代男性が24,639円と年齢を重ねるにつれて自宅に眠っているかくれ資産(※2)を「メルカリ」で上手に現金化していることがわかりました。
また、男性は比較的単価の高いものを売却する傾向にあり、女性は手頃な価格のものを多く売却する傾向にあるため、各年代において男性のほうが平均売上額が高いという結果になりました。
※1 出典 「家計調査結果」(総務省統計局)
※2 かくれ資産:2018年11月に「みんなのかくれ資産調査委員会」が発表した、家の中で1年以上利用していない物の価格をフリマアプリ「メルカリ」での平均取引価格で換算した、自宅内の不要品の価値総額。
https://goo.gl/9MGzd9

■男性は単価の高いアパレル〜趣味用品、女性は子供のおもちゃ〜着物などを売却
年代・性別ごとに売上額が高いカテゴリーを調査した結果、10~20代の男性はトレーディングカードやテレビゲームなどの売上額が高く、30~40代になるとアパレルの中でも比較的高値のジャケットやアウターを売却していることがわかりました。また、50代以上になると更に単価の高い時計やPC・タブレット、またゴルフといった趣味に関するグッズを「メルカリ」で現金化していることがわかりました。
一方、10~20代の女性はタレントグッズやおもちゃなどを売却しているほか、10~30代の女性は子供のおもちゃを多く現金化していることがわかりました。また、30~50代はバッグやアクセサリーなどの装飾品を売却しており、さらに60代以上になると着物や食器といった家に眠っている物の出品が増加していることがわかりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Related News

Latest News