Print

フリマアプリ「メルカリ」、初となる50・60代の利用動向を発表

出品1位は「レコード」、購入1位は「ゴルフグッズ」という結果に

メルカリは、2018年11月7日に「みんなのかくれ資産調査委員会」より発表された、日本の一般家庭に眠る不要品の総量に関する調査から、「60代以上の女性が最も“かくれ資産”(不要品の二次流通想定額)を保有している」という結果をうけ、帰省や大掃除など家庭内の不要品の整理・処分の機運が高まるのを前に、フリマアプリ「メルカリ」を利用する50・60代の利用動向に関する調査を行いました。

60代以上の女性のかくれ資産は約50万円
2018年11月7日に発表された「みんなのかくれ資産調査委員会」(※)による調査(監修:株式会社ニッセイ基礎研究所、データ提供:株式会社メルカリ)によると、日本のかくれ資産の総額は推計37兆177万円となり、1世帯あたりでは約70万円、また、国民1人あたりでは約28万円ということがわかりました。さらに、最もかくれ資産が多いのは60代以上の女性で、1人あたり約49.8万円という結果になりました。
※みんなのかくれ資産委員会:日本の家庭に眠る不要品の有効活用について、様々な角度から検証・提案を行うべく、株式会社ドリルが主体となり本年9月に発足。


引用:「日本の一般家庭に眠る不要品の総量に関する調査」(みんなのかくれ資産調査委員会)
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000039156.html

50・60代と20・30代の利用動向を比較
2013年7月〜2018年10月の「メルカリ」内の利用データをもとに、50代・60代以と20代・30代の利用動向を比較いたしました。その結果、20・30代は子供用品など生活に関わるものを売り買いしながら賢く循環させている一方で、50・60代は美術品やスポーツ用品など趣味に関わるものの取引が多いことがわかりました。また、「みんなのかくれ資産調査委員会」の発表と同様に、50・60代の女性が良いものを多く所有しているためか、最も取引成立率が高いことがわかりました。

出品カテゴリーランキング:50・60代は趣味、20・30代は子供用品の出品が多い傾向

購入カテゴリーランキング:50・60代は趣味、20・30代は生活関連商品を購入する傾向

取引成立率:出品したものが購入される割合は50・60代女性が最も高い

このエントリーをはてなブックマークに追加

Related News

Latest News