Print

メルカリの取引データより算出 日本の家庭に眠る不要品の総額は推計37兆円以上

本日、メディア運営などを手がけるコミュニケーション・企画会社の株式会社ドリルが弊社やニッセイ基礎研究所らの協力を得て結成した「みんなのかくれ資産調査委員会」より、日本の家庭に眠る不要品の総額が発表されましたのでお知らせいたします。

日本の家庭に眠る”かくれ資産”総額は推計37兆円以上-フリマアプリでの平均売買価格から算出、1世帯あたり約70万円、金融・不動産に続く第三の資産|ニッセイ基礎研究所

このエントリーをはてなブックマークに追加

Related News

Latest News