Print

メルカリ、宿題代行行為の根絶に向けて文部科学省と合意

株式会社メルカリ(以下、メルカリ)は、子どもたちの健全な育成環境の整備を目的として、読書感想文の売買などをはじめとした宿題代行行為の根絶に向けて、文部科学省と以下の通り合意をしたことをお知らせいたします。

1. メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」内において、子どもたちに代わって宿題を行う役務を提供することや、読書感想文や自由研究といった宿題の完成品を出品することを禁止いたします。宿題代行行為と思われる出品があった場合には、商品の削除等の対応を行います。※
2. メルカリは、文部科学省と連携し、子どもたちが自ら宿題に取り組む環境の整備を推進してまいります。
※メルカリ利用規約第9条商品の出品内、2.出品禁止商品に該当し、取締対象となります。

メルカリでは、以前から子どもたちに代わって夏休みの宿題等を行う役務を提供することを禁止しておりました。完成品については、氏名など個人情報が記載されているものは削除対応を行っておりましたが、それ以外の商品は出品者の自由を尊重する観点から、禁止商品とはしておりませんでした。今回、文部科学省との合意を通して、完成品の出品も禁止とし、宿題代行行為の根絶に向けて、取締を一層強化してまいります。

今後もメルカリは、各府省庁をはじめとした外部機構との連携を行いながら、子どもたちが安全・安心に利用できるマーケットプレイスの提供に向けて邁進してまいります。 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Related News

Latest News