Print

フリマアプリ「メルカリ」累計出品数が10億品を突破

メルカリは、2018年7月13日時点でフリマアプリ「メルカリ」の累計出品数が10億品(※1)を突破いたしましたのでお知らせいたします。
※1 サービス開始日(2013年7月2日)からの日本国内累計出品数

■出品数の推移

■背景
今年7月2日にサービス開始5周年を迎え、現在日本国内では7,100万ダウンロード、利用者数は月間1,000万人を超える「メルカリ」ですが、サービス開始以来、スマートフォン1つで売買できる手軽さや、売れる楽しさ、掘り出し物を探して買う楽しさのほか、エスクロー決済システム(※2)を導入することで支払いのトラブルを防ぐなど安全・安心なプロダクト開発を強化することで多くのお客さまにご支持をいただいてまいりました。その中でも特に、「スマートフォンのカメラで出品したい商品の写真を撮影し、商品説明などを記入するだけで出品できる」という手軽さから、これまで多くのお客さまにご出品いただいております。
※2 当社が商品代金を仲介(エスクロー)してお預かりし、双方の取引評価完了後に売上金を移す決済システムです。

さらに、出品を手軽にするため、下記のような機能改善を続けています。
AI出品機能(2017年10月導入):スマートフォンのカメラで商品を撮影するだけで、カテゴリーやブランド名などが自動で入力される機能。

バーコード出品機能(2018年6月導入):本やCD、DVD/ブルーレイ、ゲームについているバーコードをカメラで読み取ると、商品のタイトル・著者名等や売れやすい価格が自動で提案される機能。 
詳しくはこちらの動画をご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=39dN3oIDqno

これからも、AIなどのテクノロジーを活用し、より手軽で安全・安心なマーケットプレイスを目指してまいります。

画像はこちらよりダウンロードください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Related News

Latest News