Print

「メルカリトレンドワード2018上半期」を発表

1位は若者を中心に大人気のゲームアプリ「荒野行動」
3位には引退が惜しまれる「安室奈美恵」や人気書籍3冊もランクイン

株式会社メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」において集計した「メルカリトレンドワード2018上半期」を発表しました。2018年1月~6月に「メルカリ」内で検索されたワードのうち、2017年上半期と比較して、2018年上半期に検索数が急上昇した検索ワードを抽出いたしました。

■メルカリトレンドワード2018年上半期

順位 検索キーワード カテゴリー
1位 「荒野行動」 スマホ・PCゲーム
2位 「ユーチューバーチップス」 スナック菓子
3位 「安室奈美恵」 アーティスト
4位 「アイフェイス iPhone 8」 iPhoneケース
5位 「adidas YEEZY 500」 スニーカー
6位 「お金2.0」 書籍
7位 「グレイテスト・ショーマン」 映画
8位 「大家さんと僕」 書籍
9位 「アルミ玉」 ユーチューバー
10位 「きみたちはどう生きるか」 書籍

1位:荒野行動
中国企業のNetEase Gamesが開発、運営するiOS、Android、Windows用のゲーム。約100人のプレイヤーが無人島に降り立ち、最後の1人になるまで戦闘を繰り広げるサバイバルゲームで、10代~20代の若者を中心に2017年下半期から爆発的な人気を得ている。メルカリではスマホに取り付けるゲーム専用のコントローラーが人気となっている。

2位:ユーチューバーチップス
2018年2月に発売されたYouTubeクリエイターのオリジナルカードが付いた「ユーチューバーチップス」。子どもを中心に大きな反響があり、全国で完売が続出したため、検索数が急上昇した。

3位:安室奈美恵
2017年9月に引退発表をして以来、検索数が急上昇。2017年下半期から継続的に上昇を続け、3位にランクイン。

4位:アイフェイス iPhone 8
丈夫で持ちやすくリピーターも多い人気ブランド「アイフェイス」のiPhoneケース。世界で累計1000万個を販売しており、2017年9月のiPhone8発売後、検索が急増し第4位にランクイン。

5位:adidas YEEZY 500
人気アーティスト、カニエ・ウェストとadidasの人気コラボモデルの「YEEZY(イージー)」シリーズ。発売後、世界中で即完売する同シリーズの新モデルとして2018年4月にデビューしたのが「YEEZY 500」。発売と同時に検索数が急上昇した。

6位:お金2.0
2017年11月に出版された株式会社メタップスの創業者である佐藤航陽氏が執筆したビジネス書。新たな「お金」や「経済」を、よりよい生き方のツールとして活用するための知識を、専門用語をなるべく避け、読み易く書いた本として20万部のヒット。メルカリ内でも検索されつづけ第6位に。

7位:グレイテスト・ショーマン
2018年2月に公開されたヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画。「ラ・ラ・ランド」の作詞・作曲チームの最新作ということもあり公開前から話題になり、約3か月で興行収入50億円を突破した。映画のオリジナル・サウンドトラックも公開直後から人気であったが、2018年5月にブルーレイ&DVDが発売され、検索数が再度上昇した。

8位:大家さんと僕
お笑いコンビ「カラテカ」ボケ担当の矢部太郎氏が、自身が今も住んでいるアパートの大家さんとの実話をもとにしたエッセイ漫画。2018年6月に第22回 「手塚治虫文化賞 短編賞」受賞をしたことをきっかけに検索数が急上昇した。

9位:アルミ玉
人気YouTuber HIKAKIN氏の動画により、アルミホイルをハンマーで叩き続けるとピカピカの鉄球になると話題になった「アルミ玉」。その後、それを見た視聴者が自作のアルミ玉をつくりメルカリに出品していることを、再度HIKAKIN氏が動画で取り上げたことにより検索数が急上昇。今はアルミ玉をつくるための関連グッズも数多く出品されている。

10位:きみたちはどう生きるか
2017年7月に発売された、約80年前に出版された小説「きみたちはどう生きるか」を漫画化した作品。累計発行部数が200万部を突破した。報道がある度に検索数が上昇し、第10位に。

■「メルカリトレンドワード2018上半期」概要
調査方法:2017年1月~6月と比較して2018年1月~6月に検索数が急上昇した検索ワードを抽出。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Related News

Latest News