Print

メルカリ、社会実装を目的とした研究開発組織 「mercari R4D(アールフォーディー)」を設立 ~シャープ 研究開発事業本部をはじめ6機関とIoTやブロックチェーン等をテーマに共同研究を実施~

株式会社メルカリは、社会実装を目的とした研究開発組織「mercari R4D(アールフォーディー)」(以下、R4D)を設立いたしましたのでお知らせいたします。


https://r4d.mercari.com/  

【mercari R4Dについて】
R4Dは調査(Research for )と、開発(Development)・設計(Design)・実装(Deployment)・破壊 (Disruption)の4つのDから構成された名称です。研究開発組織はR&D(Research & Development ) と呼ばれることが一般的ですが、その多くが調査と開発、基礎研究や応用研究を試験・調査することに留まっています。メルカリはこれまでもAIや機械学習などの技術を活用し、お客さまにサービスを提供してまいりましたが、今回外部の企業・教育機関と共同で、”社会実装”を目的とした研究開発組織を新たに立ち上げることで、最新技術の調査研究に留まらず、研究成果をいち早くサービス化していくことを目指します。組織メンバーには各領域の専門家が集まっており、代表には株式会社メルカリの木村俊也が、シニアフェローにはアーティストのスプツニ子!、京都造形芸術大学教授の小笠原治らが参画いたします。

R4Dでは、[1]外部の企業・教育機関など共同研究パートナーによる基礎・応用研究、[2]R4Dによる研 究開発・実装、[3]メルカリやソウゾウ(メルカリ100%子会社)、メルカリファンドによる事業化と、それぞれの組織の強みを活かし、スピーディーな研究開発と社会実装を目指します。  

【R4Dの共同研究パートナー・研究テーマ】  
※本リリース最後に添付されております別紙にて、各研究テーマの概要について記載しております

■シャープ株式会社 研究開発事業本部
「8Kを活用した多拠点コミュニケーション」  

■東京大学 川原研究室
「無線給電によるコンセントレス・オフィス」  
 
■筑波大学 落合研究室
「類似画像検索のためのDeep Hashing Network」
「出品された商品画像から物体の3D形状を推定」
「商品画像から背景を自動特定」  
 
■慶應義塾大学 村井研究室  
「ブロックチェーンを用いたトラストフレームワーク」  

■京都造形芸術大学 クロステック研究室  
「Internet of Thingsエコシステム」  

■東北大学 大関研究室  
「量子アニーリング技術のアート分野への応用」  
  
R4Dでは、今後、上記領域に限らず、AIやxReality、デザイン、IoTなど、広く研究開発を行っていく ことで、研究成果の社会実装を目指します。  

【mercari R4D 代表者プロフィール】  
株式会社メルカリ    
木村俊也 (きむら しゅんや)  
2007年よりSNS企業にて研究開発を担当。機械学習の知見を活かして、レコメンデーションエンジ ンやグラフマイニングエンジン開発を担当。その他、自然言語処理学の知見を活かした広告開発や マーケティングデータ開発にも携わる。その後、技術を統括する組織の責任者を経て、インフラから アプリまで幅広いマネージメントを経験。2017年より株式会社メルカリにて研究開発のオフィサー を担当し、AIを中心とした幅広い研究領域のリサーチを担当。  
  
【mercari R4D シニアフェロー プロフィール】  
アーティスト  
スプツニ子!  
インペリアル・カレッジ数学科および情報工学科を卒業後、英国王立芸術学院(RCA)デザイン・イン タラクションズ専攻修士課程を修了。在学中より、テクノロジーによって変化していく人間の在り方 や社会を反映させた映像インスタレーション作品を制作。 2014年Forbes JAPAN 「未来を創る日本 の女性10人」、2017年世界経済フォーラム ヤンググローバルリーダーズに選出。  
  
京都造形大学教授 クロステックデザイン研究室 /株式会社ABBALab /さくらインターネット株式会社    
小笠原治(おがさはら おさむ)  
さくらインターネット共同ファウンダーを経て、ネット系事業会社の代表を歴任。2013年、 ABBALabとしてIoTスタートアップのプロトタイピング向け投資事業を開始。同年DMM.makeを立ち 上げ、DMM.make 3Dプリントを開始。2014年、DMM.make AKIBAを設立。同年さくらインター ネットにフェローとして復帰。2017年、京都造形芸術大学教授に就任。  

※各共同研究テーマ・パートナー代表者プロフィールにつきましては、下記のPDF資料にてご紹介しております。

mercari R4D共同研究パートナーおよびテーマについて(別紙).pdf
このエントリーをはてなブックマークに追加

Related News

Latest News