Print

メルカリ、アメリカ50州に100人の学生を派遣するインターンシップ 「BOLD INTERNSHIP in USA」募集開始

フリマアプリ「メルカリ」を運営する株式会社メルカリ(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田進太郎)は、2016年12月21日より、新卒採用の一環としてアメリカ50州それぞれに合計100名の学生を派遣する
インターンシップ「BOLD INTERNSHIP in USA」の募集を開始いたします。

■背景
メルカリは「新たな価値を生み出す世界的なマーケットプレイスを創る」というミッションのもと、グローバル展開に注力しており、現在アメリカでのダウンロード数は2,000万を超え、今年の8月には全米のApp Storeで3位にランクインするなど、積極的に事業を展開しています。新卒採用においても、「THINK GLOBAL」をメッセージとして掲げ、世界で戦える学生を募集すべく「BOLD INTERNSHIP in USA」を開始します。

■「BOLD INTERNSHIP in USA」について
このインターンシップでは、アメリカ50州のそれぞれにエンジニア職50名、企画職50名、合計100名の学生を1週間派遣します。学生のみなさんには、その場所ならではの発見から「メルカリがアメリカで戦うためのアイデア」を考えてもらいます。

詳細・応募は本日公開したwebページをご覧ください。
https://about.mercari.com/recruit/boldinternship/

また、同時に公開したメルカリ新卒採用のwebページもご覧ください。
https://about.mercari.com/recruit/newgrads/

■募集要項
◯募集対象
博士、修士、学部、学年不問

◯場所
アメリカ50州の内1州
※州は選考通過後、ランダムに決定します
※決定された州内のみで行動していただきます

◯募集日程
1次募集:2016/12/21~2017/01/31
2次募集:2017/02/01~2017/02/28

◯募集人数
100名(エンジニア職:50名、企画職:50名)

◯実施時期
2017年2月〜4月のいずれか1週間
※出発日ベース

◯その他
交通費・食事等の実費について支給
※往復航空券、宿泊費、携帯端末は別途支給
※VISA免除プログラムを利用して渡航する予定ですが、必要な場合は適切なVISA取得の上、実施いたします
(本内容については、公開時より一部内容を変更しております)

◯業務内容
ランダムに選択されたアメリカ合衆国内の1州で以下を実施。

①メルカリ及びCtoCサービスのユーザーヒアリングと改善提案(※必須)
②CtoCサービスのヒアリング・利用レポート
③新規サービスの立案・プロトタイプ作成(CtoCマーケットプレイスに関連するものだと尚良)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Related News

Latest News