MENU
Initiatives

コンプライアンス・リスクマネジメントの強化

この取り組みを通じて目指すゴール: Goal:

企業として健全で透明性の高い内部管理態勢を構築する

Initiatives
Plan

リスクマネジメントの方針

当社グループは、「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」をミッションとし、お客さまおよび社会から永続的に信頼されることを目指しています。

これを実現していくためには、リスク管理の取り組みの質を高め、企業として健全で透明性の高い経営管理態勢を構築していく必要があります。

そこで、企業活動に伴う様々なリスクを把握し、個々のリスクの特性に応じて適切に対処していくために、事業推進部門や管理担当部門から独立したリスク管理担当部署を設置しています。

会社にとって重要なリスクの検知態勢として、システム障害、事務ミス等のインシデントが発生した場合のみならず、潜在的なリスクを検知した場合にも社員が自由に投稿可能なオープンコミュニケーションツールを整備しています。個々のリスクの評価にあたっては、リスクの発生頻度とリスクが顕在化した場合の影響度の二つの軸で評価し、包括的かつ深度ある取り組みを継続的に実施しています。

当社グループの財務状況や社会的信用等へ大きな影響を与えるリスク上の重要事案については、代表取締役を含む経営陣が参加するコンプライアンス・リスク管理委員会において、毎月審議を行っています。

また、当社では、「プライバシーポリシー」および社内の情報管理規程に基づき、お客さま情報の適切な保護および管理に努め、情報セキュリティの強化を図っています。

コンプライアンスの方針

当社グループでは、 攻めの意思決定に対する適切な助言・ 牽制のため、 事業推進部門や管理担当部門から独立したコンプライアンス担当部門を設置してコンプライアンスに関する問題に対応するとともに、 コンプライアンス上の重要事項について、 毎月のコンプライアンス・ リスク管理委員会において審議を行っています。

また、 反社会的勢力の排除およびマネー・ ローンダリング/ テロ資金供与防止対策については、 業務の健全性及び適切性確保の観点からも重要な責務であると認識しており、 専門部署を設置し、 モニタリングの高度化等に努めるとともに、 関係省庁等と密接に情報交換・ 連携を図りつつ、 実効性のある管理態勢の整備に努めています。

さらに、 当社グループのコンプライアンスに関する知識および意識の向上を図るため、 従業員を対象とするコンプライアンス研修を定期的に実施しています。

今後ともコンプライアンス態勢の強化を経営の最優先課題の1つと位置づけ、 継続的に取り組みます。

Strategies

取り組み施策

  • 定期的なリスクマネジメント(リスク・マトリックスに基づく包括的な検証)

  • 定期的なコンプライアンス研修

メルカリのサステナビリティ戦略

メルカリのサステナビリティ戦略

詳しく見る