Print

シェアサイクルサービス「メルチャリ」東京都国立市で実証実験を開始

株式会社メルカリは、シェアサイクルサービス「メルチャリ」が東京都国立市において8月22日より実証実験を開始いたしますのでお知らせいたします。

メルチャリ公式サイト

■「メルチャリ」サービス概要
「メルチャリ」は個人(お客さま)と地域が参加型で運営を行う、新しいスタイルのシェアサイクルサービスです。メルカリは、リアルの場での更なるシェアリングエコノミーの促進を目指し、2018年2月27日に「メルチャリ」のサービスを開始しました。専用のスマートフォンアプリ(iOS版のみ、Android版は近日公開予定)で自転車の鍵をあけ、いつでもどこでも、乗りたいときにすぐ自転車を利用できる体験の提供を目指しています。

■東京都国立市導入の背景
全国で4番目にコンパクトな自治体である東京都国立市は、緑の中に自転車道が整備され、多摩川沿いには川崎まで続くサイクリングロードを有する、「自転車の似合うまち」です。地形もほぼフラットなことから、2014年に施行された国立市地域交通計画では、「自転車の街くにたち」を目指し、コミュニティサイクルの民間活力導入が計画されていました。また、東西2.3㎞・南北3.7㎞というコンパクトさに加え、75,000人という人口で行政と市民の距離が近く、地域参加型シェアサイクルの実現に適していることから、今回の実証実験に至りました。

■シェアサイクル実証実験事業の概要
今回の「メルチャリ」を利用した実証実験では、行政、市民、地元商工業者、地元各種団体、一般企業等多数の地域の方々のご協力もとに「参加型シェアサイクル」の実現に向けて取り組みます。市内の回遊性の向上、バス等の利用が困難な地域での公共交通の補完、駐輪場の混雑緩和、自動車の交通渋滞の緩和、自動車利用の削減による環境保全、利用者の健康の増進等への効果をねらい、3ヶ月程度の実証実験において社会的効果や継続性の評価・判断を行います。

《国立市における実証実験について》
期間:2018年8月22日から3ヶ月間程度
実施内容:シェアサイクルを活用し、市内の回遊性の向上・公共交通の補完・駐輪場の混雑緩和・自動車の交通渋滞緩和・環境保全・利用者の健康の増進等に取り組む
実施エリア:国立市内
台数:100台以上(予定)
ポート数:70箇所(予定)

今後、「メルチャリ」はさらなるサービスの利便性向上に取り組むとともに、実証実験を通じて地域の公益性に貢献することを目指し、新たなシェアサイクルサービスを構築してまいります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Related News

Latest News